気になっテイル

電脳九龍城 ウェアハウス川崎の九龍城再現度が半端なかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電脳九龍城
Pocket

川崎に電脳九龍城というゲームセンターがあります。スラム街「九龍城」(きゅうりゅうじょう)をモチーフに作られたゲームセンターで、きっかけは忘れたけど行きたいと思っていた。 知人に声をかけてみたが誰も一緒に行ってくれる人はなく、ひとりで行く事にした。

さみしい。

あの九龍城が川崎にもあるの?

九龍城ってなに?というと、世界最大規模、究極の集合住宅?スラム街かしら。
正確な情報はウィキペディアより。

九龍城砦は、現在の香港・九龍の九龍城地区に造られた城塞、またはその跡地に建てられていた巨大なスラム街を指す呼称。広東語で「ガウロン センツァイ」と呼ばれてきた。 日本では九龍城砦を「九龍城」と呼ぶ場合がある。香港本土では「九龍城」は九龍城砦が存在した一帯の地域名あるいは行政地区名の呼び名である。

引用:九龍城砦 – Wikipedia

イメージはこんな感じ。

九龍城画像:acidcow.com

これみると「あぁ、あれね。」となりませんか。

内部は200m×150mの非常に狭い地域に約5万人が住んでおり、人口密度は200万人/km2だったとされています。イメージわきませんね。ようするに九龍城砦の広さは、東京ドーム(約4万5000人〜5万5000人収容可能)の半分ほどの面積ということのようです。

現在、九龍城砦はとり壊され『九龍寨城公園』として周辺住民の憩う公園となっているようで、太極拳やイベントなど各種文化活動も住民と地元役所の手により行われているらしい。

もう存在しないし、そもそも実際の九龍城なんて怖くていけない。近場に再現したエリアがあるなら行かない手はないわけです。

九龍城を再現したゲームセンター ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦へ向かう

そんな九龍城を再現したゲームセンターウェアハウス川崎 電脳九龍城砦。
場所は、神奈川県川崎市川崎区日進町3-7。降車駅は川崎駅。
都内近郊であれば電車を乗り継いで行けば気軽に行けると思います。川崎駅東口から出て、ヨドバシカメラのある方向に歩き線路沿いに進んでいくと徒歩5分~10分くらいで着きます。

ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦は18歳未満入店禁止

注意が必要です。 時間帯関係なしに18歳未満入店禁止です。どうしても子連れでという場合は、一度電話で確認した方が良いでしょう。

電脳九龍城砦外観

外観からかなりきてますね。

ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦の店内へいざ進んでいく

入口

入口は、駐輪場側からと道路側からの2つのようで写真は駐輪場側からの入口。
道沿いの入口と、この丸いデザインの入口と2箇所入口があるようですが、どっちが正面なのかはわかりませんでした。

通路

そんな裏口らしきところから店内に入るとびっくり。
思っていた以上に雰囲気がある。暗い。怖い。。。
朝早くから行ったという事と、平日という事もあり誰もいない。。。怖い。

電脳九龍城砦 2階へ向かう

1階スペースはそれほど広くはなく、2階への導線といった程度の広さです。 ただ、1階も雰囲気がありそれなりに見て楽しめます。

1階のエレベーターホールはこんな感じ。乗るの忘れてた。

エレベーターホール

エスカレーターはこんな感じ。

エレベーター付近

エスカレーターを上る途中の壁も、質感から剥がれた広告など非常によくできています。

そして電脳九龍城砦のゲームセンターフロアへ

エスカレータを降りると、メインスペース。
作りもこのスペースが一番凝っています。

フロア内

2階から3階へ吹き抜けとなっていて、見上げると壁面側が2階建て九龍城砦の建物を再現しています。

ちなみに、見上げるとこんな感じ。

見上げた感じ

おぉと思ったのは、このスペースにあるゲーム筐体は全てレトロゲームで構成されています。
しかも、しっかりメンテナンスもされいて遊ぶことができます。
初代ストリートファイターも置いてありました。

電脳九龍城砦 店内では撮影禁止?か?

エスカレーターを上がった先に、イベント等の掲示板があり「撮影禁止」の文字。

下調べでも「撮影禁止」となっている記事もありましたので「禁止なら仕方なし」と思っていましたが、一応店員さんへ確認したところ個人での利用(SNSやホームページ)範囲であれば大丈夫とのこと(2016年5月時点)。わーい。

企業の運営しているまとめサイトや、雑誌などは事前の確認を行った方が良いでしょう。

ゲームセンターとしてもしっかり楽しめる

写真撮っていませんが、ゲームセンターとしてもしっかり遊べます。 大型のUFOキャッチャーから、音ゲー、対戦ゲーム、シューティングゲームと多数のゲーム機がそろっています。 スペースも広く、天井も高いため圧迫感がなく、アミューズメント施設として十分楽しめます。

フロア内ダンスゲームスペース。さすがに朝10時、人はいなかった。

トイレがヤバい

トイレやばい。これは怖い。
雰囲気味わうために、個室に入ってみましたがちょうど他の方が入ってきて、映画のワンシーンのようにドキドキしてしまうような雰囲気があります。

トイレ

手を洗うのも躊躇ってしまう。

トイレ鏡

ちなみに、女性用トイレはキレイな状態のようです。 男性用も演出でこういった汚れた感じでキレイなはず。です。

3階から2階を覗くとこんな感じ

2階からエスカレーターで3階へ上がるとメダルゲームコーナー。 3階は龍城砦の演出はなく、吹き抜けから2階を見下ろせるようになっています。

3Fからの眺め

そして電脳九龍城砦を後に

せっかくなのでストリートファイター4とKOF98とアーケードゲームで遊び、滞在時間わずか1時間程度で電脳九龍城を後にしました。

ちなみに帰りは、最初の写真にあった正面口から出ました。
出入り口ですが、写真のように石の橋?を渡る必要あるので気をつけましょう。

モヤモヤしている場所は、水がはってあるのでスマホとかいじっていると足踏み外します。

出入り口

電脳九龍城砦 ウェアハウス川崎店へのアクセス

アミューズメントパーク ウェアハウス川崎 電脳九龍城砦
電車でのアクセス
JR川崎駅、京急川崎駅より徒歩10分
住所
〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町3-7
電話
044-246-2360(アミューズ)、044-589-9651(ネットカフェ)
アミューズメント営業時間
月曜~金曜 9:00~23:45
土・日・祝日 7:00~23:45
ダーツ、ビリヤード
24時間営業
インターネットカフェ
24時間営業
その他
18歳未満入店不可、撮影は確認

九龍城をモチーフにしたゲームが開発中の模様

川崎店へ行った後にわかったのですが、現在『HK project』として、ネコになり九龍城っぽい巨大な廃墟の中をウロウロできるゲームがフランスのゲームデザイナーによって開発中ということです。 開発者が望む形に作り上げるには数年以上をかかるとのこと。プラットフォームは「PCと恐らくPS4/Xbox One/CPC6128/Atari 2600・・・」とジョークを交えて伝えています。

もうこのイメージだけでもワクワクします。PS3の『AFRIKA』みたいにただ散策するようなものになるのかしら。

HK project画像:HK Devblog

今後の情報は、公式開発ブログTwitterFacebookにて発信されるようなのでチェックしていきたいところです。

Pocket

スポンサーリンク