暮らしテイル

デュプロおすすめは みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デュプロおすすめ
Pocket

デュプロは何歳から遊べるかと言われれば、乱暴な言い方だと親が与えたときから遊べます。
子供には1歳で与えましたが、まあ舐めまわしたり投げたりでこれを「遊んだ」という事になるのかは分かりませんが。ただ、口に入れられないサイズ(パーツにもよるので事前チェックは必要)ですし、危なくなるようなシーンは特にありませんでした。
デュプロを繋いだり組み立てたりするようになったのは2歳くらいからですが、保育園でも触れる機会もあり結構すぐに遊ぶようになりました。
5歳になる今でもレゴクラシックとはまた違うようで、たまに出して遊んでいます。

デュプロ

今回はそんなデュプロ検討の参考になればと思い残しておきます。レゴクラシックと同じで種類がたくさんあるんですよね。。。

デュプロは何歳から?

デュプロ公式では1歳6ヵ月から5歳となってます。
が、最初にも書きましたがうちでは1歳くらいから与えて、5歳になる今も遊ぶことがあります。ただ今は徐々にレゴクラシックに移行するようにしています。

デュプロのおすすめはレゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864

検討しているならこの「デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」をおすすめします。
入っているパーツのバランスがいいんですよね。作れる作品も商品名の通り、身近な公園の遊具。滑り台やブランコ、ユラユラ揺れるブロックなど子供の子心わしづかみ。コストパフォーマンスも他のデュプロ商品と比較しても非常に良いと思います。
価格:3,400円 ピース数:71

デュプロデュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864の良かったところ

「デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”108642」はケースがそのまま収納ボックスとして利用できます。
お片付けを教える時も『デュプロを片付ける箱』として重宝しました。

デュプロ はじめてのデュプロ”はじめてセット”10848

商品名の通りシンプルなパーツが多くはじめて遊ぶに適していますが、ちょっとお高め。1、2歳ならこんなにピースはいらない気もします。子供がデュプロを楽しんでいるようなら、追加で購入検討していい商品かもしれません。
また、商品パッケージが紙箱なので収納ケースが別途必要です。
価格:6,300円 ピース数:80

レゴ デュプロ みどりのコンテナデラックス 10572

「おおきなこうえん」よりパーツが少ない(おおきなこうえんは71ピース、これは65ピース)が、値段が高い。印刷されたブロックが多いからかしら。
価格:5,270円 ピース数:65

もう少しコンパクトのデュプロ みどりのコンテナ 10570

上記の2商品よりも少し小さいデュプロ(30ピース)。
ただ、金額とバランスみたら「レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864」でいいかなと思います。

価格:4,600円 ピース数:30

デュプロまわりで他に購入した商品

ベースとして「レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス”おおきなこうえん”10864を購入したうえで、追加した商品や購入検討した商品。

レゴ デュプロ基礎板(緑)2304

デュプロの基盤です。レゴクラシックと違いデュプロはピースが大きく自立するので必要ないかもしれませんが、あれば困る物でもないですし、安定感は増します。結局2枚買いました。

レゴ デュプロのいろいろアイデアボックス10865

ピースを増やすためには、このアイデアボックスでいいかなと。
ただ、商品パッケージは紙箱のため別で収納するケースが必要になります。
価格:2,504円 ピース数:70

デュプロのどうぶつたち

1~3歳くらいだとどうぶつもあると楽しいのですが、なにやら品薄らしく高い!楽天でも品切れのようです。
中古が気にならないなら、今ならメルカリとかでも単品で売っていたりします。
デュプロの動物ではありませんが、嫁が単品で廃盤となっていた車をメルカリで100円で買っていました。

レゴ デュプロ世界のどうぶつ どうぶつのあかちゃん10801

レゴ デュプロのまち かわいいペット10838

レゴ デュプロぼくじょうのどうぶつたち10870

デュプロはレゴクラシックまでの橋渡し

1歳から4歳までデュプロで遊んでいるのを見ていて、そんな大量にデュプロいらないかなと感じました。
1歳、2歳くらいはせいぜい繋いだり積んだりする程度ですし、3歳、4歳くらいになるとデュプロ以外のお絵かきや粘土など、他の遊びもできるようになるので1日中デュプロで遊ぶという事はありませんでした。

デュプロのイメージ

大作を作りたいと考えるようになる頃には、レゴクラシックで遊べるようになっているかなと。
うちは結果的に、それほど大量にデュプロを買う事なくレゴクラシックへ移行しましたが、初めから大量にデュプロを買い与えていたらそれはそれでデュプロで大きな作品でも作るようになっていたかもしれません。

ちなみに、デュプロに混ざっているアンパンマンは以下の商品です。
ディプロと互換性はあってくっつける事はできますが、1ピースの高さがデュプロよりも高いです。

もう必要ないですが、キャラ商品が気にならないならこのアンパンマンのでもよかったかなと思います。
amazonで6,242円か。ちょっと高いかな。

Pocket

スポンサーリンク