暮らしテイル

色鉛筆で子供におすすめは しまじろう色鉛筆12色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
色鉛筆おすすめ
Pocket

色鉛筆を初めて子供が使いだしたのは、2歳頃『くもん こどもいろえんぴつ』でした。
月日は流れ、塗り絵遊びもするようになった子供を見ていて「あー色の塗り分けに、色数が少ないかな。」と思い始めました。
『くもん こどもいろえんぴつ』は6色(赤、青、黄、緑、オレンジ、茶)で、塗り分けには色が少ないんですよね。

そこで新しい色鉛筆の購入を検討する事にしました。

子供の色鉛筆おすすめはしまじろう色鉛筆12色

結論としては、子供には『こどもちゃれんじ しまじろう いろえんぴつ こども用 12色』です。
最初は『サンフォード 色鉛筆24色セット』を購入しましたが、24色だと4歳にままだ色数が多かったようです。6ヵ月ほど使っていると、明らかに使う色と使わない色がわかる。やっぱり、赤や青、黄色などの原色の利用頻度が高い。子供には中間色の使い方がまだわからないんでしょう。

その後、別途購入したのが『こどもちゃれんじ しまじろう いろえんぴつ こども用 12色』でした。
うむ、12色でちょうど良さそう。しまじろう強し。

色数よりも色鉛筆の芯の固さは子供に重要なポイント

色鉛筆の検討をするきっかけは、いただきものの『bic12色』が硬くて3歳児が使うには難しかったためです。
色数は今までよりも12色と多く問題ないのですが、いかんせん硬く子供が使いにくそうでした。
※『bic12』の『対象年齢は5歳以上』となっている点を補足しておきます。

ともあれ、実際に『bic12』を使っている子供をみて「塗りにくそうだな。」と感じました。
そこで色鉛筆の購入を検討することになりました。購入にあたり、以下の2点をポイントとしました。

色鉛筆を検討した時の2つのポイント

芯がやわらかく塗りやすい色鉛筆
一番のポイントは芯がやわらかい色鉛筆。
購入検討の理由が「芯が固く塗りにくそう」だったのでこの点が一番大切でした。
色数は12色か24色
これまでは6色と少なかったため子供に「ピンクがない。」とか言われる事もありました。
使う使わないは別として、色を学ぶためにもある程度の色数がある方がい良いと思いました。(結果的には12色で十分でした。)

検討した色鉛筆

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 24色 CB-NQ24C

Amazonレビューが高い色鉛筆で馴染みもある方も多いのでは。
値段が安くレビューも高評価だがそこそこ硬さがある。

クーピー

柔らかさならクーピーという選択肢も。ただすぐ折れそう。
というか自分が子供の時よく折ってしまった記憶がある。
ただ全体が芯なので外出先でテーブルを汚しそうで広げづらい。

パッケージかわっていないなぁ。
なんだか子供の頃のワクワクを思い出す。

ファーバーカステル 油性色鉛筆 平缶 24色セット TFC-CP/24C

よく聞く色鉛筆メーカー。硬い。

ホルベイン色鉛筆 24色セット

ホルベインは嫁が学生時代に愛用していて「すごい塗りやすい」といっています。

サンフォード 色鉛筆24色セット

ホルベインよりもさらに柔らかい色鉛筆がこちらサンフォード。
『サンフォード 色鉛筆 プリズマカラー 24色セット[並行輸入品]』を購入。

しまじろう強し

結果的に、最初からしまじろうの12色の色鉛筆で良かったかなとなりましたが、サンフォードも芯が柔らかく非常に塗りやすかったです。

ちなみに、100均の色鉛筆はお勧めしません。
実際に塗り比べてみると、キメの細かさや硬さがメーカー商品とは悪い意味で全然違います。可能な限り、メジャーどころのメーカー商品を買うようにした方が良いかなと思います。

色鉛筆のプレゼントを考えるなら硬さも考慮

2歳児なら、くもんの色鉛筆で間違いないでしょう。太く三角形で子供でも持ちやすい形になっています。

Pocket

スポンサーリンク