気になっテイル

食われ熊 鮭に逆襲される悲壮な熊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
喰われくま
Pocket

食われ熊。
それは北海道土産の定番、木彫りの熊の数だけ犠牲となった鮭たちの復讐。

私が知るきっかけは、知人からの紹介だった。
もう、一目でやられました。
私、こういうモノ大好きです。

食われ熊は飾るだけではない。消臭効果もある逸品。

この食われ熊、実は竹炭でできているため消臭効果のある商品なんです。
ちなみに、エコ熊(食われ熊)が正式な商品名です。

炭の効果(マイナスイオン発生)により、お部屋の”消臭”&”空気をきれい”にしてくれます。標準のポリレジン素材に竹炭のパウダーを混合してありますので、多少柔らかく、工程的に型から取り外した後、研磨いたします。表面は竹炭コーティングしておりますので、さらに効果が増します。触れても手が黒くなることはございません。

以前、大きいサイズの食われ熊を購入した事がありますが、しっかりした作りで満足いくものでした。
最近はさらに小さいミニサイズもあるようです。

商品説明にもあるように、全て竹炭ではなくポリレジン素材に竹炭パウダーを混ぜて型取りしているため、強度はそこそこあります。触った感じは、ちょっと固い消しゴミ見たいな感じですね。
でも落としたら割れるでしょうし、サケのしっぽの先など細い箇所は折れやすいので注意が必要です。

食われ熊の製造元は不明

食われ熊で調べても出てくるのは、販売元の『株式会社小笠原商店』のみ。
実際の製造元がわからないのです。

ただ、ロケットニュースさんが株式会社小笠原商店さんに問い合わせた記事がありました。
そこでは、製造元を紹介してもらって問い合わせもしています。

記者「食われ熊はいつ頃から製造されているんですか?」
担当「3年前です」
記者「結構売れてるんじゃないですか?」
担当「一番の人気商品ですね」
記者「種類はいくつかあるんですか?」
担当「大きい熊と小さい熊の2種類です。現在小さい方は売り切れているんですが、来月再販売する予定です」
記者「どうして食われ熊を作ろうと思ったんですか?」
担当「職人といろいろ熊について話をしていて、鮭だって熊を食いたい時もあるだろうと考えたんです。それで1回作ってみようということになって、製造が始まりました」

出典:ロケットニュース24「サケがクマに噛み付いた『食われ熊』ってご存じ?その『食われ熊』の誕生秘話をメーカーに聞いてみた!

この電話取材からも製造元は不明ですね。
あまり露出したくないのかしら。

Pocket

スポンサーリンク