気になっテイル

ひゃくまんさんデザイナーは誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひゃくまんさんデザイナーは誰
Pocket

ひゃくまんさん。

それは、北陸新幹線金沢開業をPRするための石川県観光PRマスコットキャラクター。

ひゃくまんさんのデザイナーは田中聡美さん

キャラクターデザインは、田中聡美さん。石川県出身のグラフィックデザイナー。
2013年7月、石川県出身のデザイナーら4人にゆるキャラの制作を依頼し、選考委員会で金沢市のグラフィックデザイナー、田中聡美さんの案が採用されました。

田中さんは、石川県の能登の生まれで、金沢美術工芸大学の視覚デザイン科を卒業後、上京。広告代理店を退職後、フランスに1年滞在。そして金沢へ戻り活躍されているようです。
かわいくない批判のあった時は「もう少し長い目で見て、一緒に石川のシンボルに育ててほしい」とコメントしています。

わたしは、かわいいと思います。

デザイナーの田中聡美さんはひゃくまんさんの他にも、乙女の金沢展のひめだるまや、ショップのロゴ、ショップカード、メニューなど幅広く活動しているようで、金沢へ行く際はもっと身近にデザインを目にする事もあるかもしれません。
こちらのリンク先で他の作品もみる事ができます。

出会いは旅先の石川県

北陸新幹線も開通したことだし、一度は行っていみたかった北陸へ2泊3日の旅行をする事になりました。 その道中、嫁兄が金色に輝くTシャツ着ているのを目の当たりにしました。 話を聞いてみると「ひゃくまんさん」という石川県のゆるキャラという事がわかった。

どうやら専用ショップの限定Tシャツだった。
ほしいと思った。

なんだこいつは!ひゃくまんさんだ!

ひゃくまんさん

結局、ひゃくまんさんTシャツを購入するタイミングはなく旅行は終わりを迎えます。
モヤモヤしたまま帰ってきたわけですが、気になっていろいろ調べていると、さらに引き付けられました。

ひゃくまんさん

だるまに似た郷土品「加賀八幡起上り」をモチーフに、加賀友禅や九谷焼をイメージし、眉毛は金箔、ひげは輪島塗、背中には大きく「石川県」と書かれている。
得意技は「七転び八起き」のポーズらしいが、この設定に興味はわかなかった。

名前は一般公募が行われ、加賀百万石を連想させる「ひゃくまんさん」に決定。
応募数は約5,000件で、滋賀県彦根市の『ひこにゃん』は約1,000件だったらしく「注目度は高い」と胸をっていた模様。

ちなみに、当初予算に製作、活動費など1千万円が計上された。
タクシーの運転手に「ひゃくまんさんだけど、1千万円かかってんだ。わっはっは。」と言われたのを思い出した。

八百萬本舗を間借りしている

ひゃくまんさん。実は持ち家があります。
ただしくは、八百萬本舗(やおよろずほんぽ)に間借りしている形ですが。
場所は、東茶屋街・主計町茶屋街のすぐそば。東茶屋街には足を運んだのだが、ひゃくまんさんを知る前だった。

ここでしか買えないレアなひゃくまんさんグッズが買えます。
金ぴかTシャツもここで購入できるようです。

ひゃくまんさんグッズ

公式サイトには、以下のグッズが紹介されています。
ただ、公式サイト以外にもたくさんのグッズはあるようです。

ひゃくまんさん九谷焼人形(30cmサイズ)
410,400円(税込)
石川の伝統工芸「九谷焼」の技術の粋を尽くし立体人形に!って、まあネタ商品ですよね。金額的に。
ひゃくまんさん九谷焼人形(10cmサイズ)
15,000円(税込)
こちらは一般向けにリーズナブルに。でも、まあ。うん。
ひゃくまんさん立体キーホルダー/立体根付
500円(税別)
旅先の王道はこれ。キーホルダー。大人な私には使い道がないのでパス。
ただ、嫁と「娘は似合うよね。ひゃくまんさんグッズ。」と話しています。
ひゃくまんさん加賀八幡起上がり人形
3,000円(税別)
一点一点が職人さんの手作りだそうです。値段もサイズ感としても悪くないかも。
いしかわ絵はがきブック「ひゃくまんさんどこいくの?」
463円(税別)
こちらも旅行土産の定番はがき。
ひゃくまんさん周遊絵はがき
500円(税別)
こっちのはがきは写真ではなく、石川県内の写真をイラスト調に加工しているそうです。

結局購入したのは、金沢駅で売っているマグネット、あぶら取り紙、小さいクリアファイル。
大きなクリアファイルは800円と微妙に高いのでやめました。

ひゃくまんさんと会うには?

ひゃくまんさんの公式サイトにお出まし歴(要は出演箇所、出演内容)の確認ができます。
ひゃくまんさん公式ホームページ お出まし暦
石川県公式ホームページ ひゃくまんさん出演スケジュール

その日時に現場へ行けば会えるわけです。
ただ、石川の地元イベントや金沢近隣を中心とした予定が多く、首都圏では石川県観光絡みのイベントで百貨店や、物産展の時くらいしかお出ましをしていないです。

東京だとひゃくまんさんに会える機会が少ない状況です。
東京なら銀座に石川県のアンテナショップがあるので、そこにイベントとしてひゃくまんさんが来る事があるので、その機会に銀座へ行くと良いかと思います。
場所はJR有楽町駅から徒歩4分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅4番出口からはすぐ前の「いしかわ百万石物語・江戸本店 石川県アンテナショップ」です。

年間2,200万人もの人々が観光に訪れる石川県。伝統と文化に彩られた石川県は、四季折々の美味と豊かな風土、さまざまな工芸品や生 活雑貨など、人々を魅了してやまない魅力にあふれています。

銀座に誕生した「いしかわ百万石物語・江戸本店」は、そんな石川県の美味や美品をずらりと取り揃え、東京近郊の方々に石川県を存分に味わっていただくためにオープンしたアンテナショップ。

百万石お膝元の金沢市を含む加賀地方と、能登半島で知られる能登地方のふたつの地域から、海や山、田畑で穫れた旬の美味や伝統工芸品、伝統の技を現代に活かした新感覚の品々など、首都圏ではなかなか手に入りにくい稀少なものも含めて、全部で約1,900もの商品を揃えて皆様のお越しをお待ちしております。

引用:いしかわ百万石物語・江戸本店 石川県アンテナショップ-コンセプト

コンセプトページ、ひゃくまんさんには、触れられていないですね(汗

Pocket

スポンサーリンク